記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資用ローンを活用して不動産投資で資産運用する

投資用ローンを活用すると不動産投資による資産運用を効率的に行うことができます。マンションやアパートなどの投資用不動産は高額です。自ら購入資金を貯めるには長い時間が必要になります。購入資金を貯めてから不動産を購入するよりも投資用ローンを活用した方が効率的です。マンションやアパートなどの不動産自体が担保としての価値を有しているので、元手となる資金が少なくてもローンを利用できます。不動産投資による資産運用は一般的に安定した毎月の家賃収入を目的として行われます。家賃収入でローンを返済するのが最も効率的な方法です。定年までに完済すればその後の家賃収入は老後の支えにできます。また万が一にでも怪我や病気などで働けない場合でも安定した収入を確保できるので安心です。

投資用ローンを利用するには団体信用生命保険への加入が求められます。加入者が死亡したり重度の障害により返済不可能となった場合でも保険が肩代わりしてくれます。遺族にローンの負担がない不動産を遺すことができます。遺族は安定した家賃収入を遺族年金の代わりにすることができる他に、必要に応じて不動産を売却して現金化することも可能です。さらに相続税を計算する際に不動産は現金よりも低く評価されるため、納税額が少なくなるというメリットも存在します。不動産投資による資産運用を行うことで、効率的に資産を形成できます。

マンションやアパートなどの市場価格は一時的に低下するリスクがあります。そのため不動産投資による資産運用は一般的にミドルリスク・ミドルリターンとされます。しかし投資用不動産を購入する本来の目的は市場価格の値上がりによる売却益ではありません。通常は毎月の安定した家賃収入が不動産投資による資産運用の大きな目的とされます。長期的に投資用不動産を保有し家賃収入を得ながら値上がりの時期を待てばリスクを回避できます。家賃収入だけでなく都合のよい時期を待って売却し、大きな利益を得ることも可能です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。