記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株式投資による資産運用の魅力とは

株式投資による資産運用では郵便局や銀行への預貯金と比較すると遥かに多くの利益を得ることができる点に魅力があります。日本はこれまで経済成長と人口増加が続き、社会保障制度も充実していました。そのため積極的な資産運用により資産を増やすということがあまり行われていませんでしたが、これからは自ら資産を増やす必要があります。現在日本は少子高齢化が進み、人口が減少する時代に入りました。人口が減少すれば経済は縮小し政府の税収も減少します。税収が減少すれば医療制度や年金制度の維持も難しくなります。これからの日本人には将来の社会保障制度不安に備えるため積極的な投資による資産形成が必要です。株式投資による資産運用はリターンが大きい反面リスクも大きいと言われていますが、リスクを抑えて投資を行う方法も存在します。

株式投資による資産運用の魅力はキャピタルゲインとインカムゲインを得られる点にあります。キャピタルゲインとは売却益のことです。また値上がり時の売却益だけでなく、高く売って安く買い戻すことでも利益を得ることができます。インカムゲインとは配当金や株主優待のことです。キャピタルゲインやインカムゲインを得られる他に、インフレーションにも強いという特徴があります。インフレーションが起きた場合には、物価が上昇するので株価も値上がりします。しかし現金で資産を保有すると物価が上がっているので実質的に資産が目減りしてしまいます。株式の形で資産を保有しているとインフレーションが発生した場合でも資産の目減りを防ぐことができます。

実際に投資を行う場合には企業の業績が悪化したり株式市場全体が悪化するなどのリスクが存在します。しかし長期的な資産運用によりリスクを抑えることは可能です。短期的な取引で利益を出そうとすると短い時間の値動きに対応する必要があります。一方ある程度長期的に投資を行うことで、一時的に株価が下がっても上昇局面を待つことができます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。